楽天市場

スタン

象印マホービン STAN.スタンシリーズ ホットプレート


「おいしいごはんが食べられる」象印食堂が話題となるなど、ここ最近大躍進をしている象印マホービン。


なにやら今年2019年は創業101年目を迎えたんだとか・・・去年の100年目にこの話が出来ればよかったです(笑。


2003年スタートの新興メーカー「バルミューダ」のオシャレシンプル家電に負けじと、これは大手の意地とも言えるのではないでしょうか・・・。


はい、象印の「STAN.シリーズ」の4種類の家電(2019年2月発売)、御存じですか?


見た目だけでなく機能にもこだわり、<楽しむ家事>や<ラクな家事>に応える多彩な機能を搭載、とのこと。


ラインナップは、IH炊飯ジャー「NW-SA10」、マイコン沸とう電動ポット「CP-CA12」、コーヒーメーカー「EC-XA30」、ホットプレート「EA-FA10」の4種類。


見たら分かりますが、とにかくデザインがメチャメチャ良いんですね。


マットな黒を基調としたシンプルなデザイン、そして4つとも底部がベージュの配色。


渋い!


家電において優れたデザインというのは、つまり「機能美」なんだと、そう言いたげな佇まい。


その中から今回はホットプレートを紹介したいんです(ホットプレート「EA-FA10」の価格は13,000~4,000円前後くらい)。

stan2.png

ポイントは絶妙な4cmという深さ。

stan3.png




茹でてそのまま炒めに突入するメニューも難なくこなせるわけですね。



なんなら鍋もできちゃうわけです。


これgood!


もういっちょポイントが、プレートの表面のコーティングにより耐久性が高いということ(トリプルチタンセラミックコート採用だってさ!)。


あと金属ヘラを使うのって結構ビビってしまいがちですが、これイケます(ちなみに樹脂製のヘラが付属)。


ほかにも、プレートの周りにそれよりも高い本体ガードがぐるりと囲っているという安全設計(プレートとの間に隙間があるから外側ガードが熱くならない)や、本体ガードとプレートが丸洗い可能などもポイント高しですね。


個人的に「おおお、なるほど!」と思ったのが、これをホットプレートではなく、「温かいまま食卓で食べられる保温プレート」として使える、というレビューを見つけたことですね。


自分のライフスタイルにあった使い方ができる「機能美」を備えた家電、ってことですかね?


欲を言うと・・・たこ焼きプレートがあるといいかな(笑。